マレーシア貧乏旅行記
金もなく英語も出来ない冴えない男が旅をする物語です。(ノンフィクションのドキュメントです^^;)
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マレーシアに着いた!が・・・
マレーシア両替商 空港リムジンバス マレーシアのチャイナタウンに着

マレーシアには定刻どおり、14時頃には着いた。
台湾からは、ちょうど4時間くらいかかるんだな。(ちなみに台湾との時差はなかった)
空港に着いて、いきなりバス乗り場に迷う。
とりあえず両替しないとバスにも乗れないってことで両替所を探した。
警官などに両替所を聞き、やっとの思いで両替所を見つけた。

ちなみに、今回の旅のお金は、前回の旅の残りのトラベラーズチェック(10万円ほど)しか持ってきていない。
そして、この両替所で酷い事が起きてしまった・・・(ToT)


続きは↓コチラ



マレーシアでの3週間の予算は3万円と決めていたので、ココで一気に3万円を両替しようとした。
何の気もなく、トラベラーズチェックを3枚出し、サインをして両替されるのを待っていたら、

『これは、サインが違うから両替できません!!』

と言われてしまった(>_<;;;)
これには、焦ったな。
日本円は現金で2万円も持ってなかったからな・・・。
こっちは必死になって、カタゴトの英語で一生懸命『WHY?』と食いついてたよ・・・。
後ろは並んで迷惑そうだったけど、そんなものは必死過ぎて気にもならなかったな^^;
その必死さに負けて、両替所のオヤジは、あり得ないことに2つ目のサインを空欄に書けと言ってきたな。
もちろん、出来る限り、自分のサインを丁寧に真似して書いてやりましたよ。
そして、なんとかTC3万円を両替完了した。(3万円=1.120.80だった)
終始、両替商の男は愛想が悪かったな。これがマレーシアの最初のイメージだから、あまり良くなかったな。

両替後、何とか下階のバス乗り場に向かう。
エスカレーターを降りていったら、『KLセントラル駅までRm10』と広告を持って話しかけてきたのがいた。
こーゆう奴は、胡散臭くてたまらないのだが、事前に地球の歩き方でセントラル駅までのバス代がRm10位と知っていたので安心して乗った。
しっかし、このバスはシートベルトも付いてないんだな。
日本ではバスの客もシートベルト付けなきゃダメなのになぁ・・・。
バスは15:20出発セントラル駅には16:25着
セントラル駅で地球の歩き方を持っていた日本人男に声をかけ、話したがノリが悪い奴だ。
とっとと別れようと思ったが、『どこまで行くんですか?』と聞かれたので、『チャイナタウンまで』と答えたら、
『俺もチャイナタウンに行くので、チャイナタウンまで一緒に行きましょう』と言われたので、一緒にプトラLRTに乗ってチャイナタウンに向かった(セントラル→チャイナタウンまでの電車代はRm1)
彼の年齢も聞かなかったけど、26歳くらいの社会人だった。
10日間の休みをもらって、タイ→マレーシア→シンガポールの3ヶ国を旅してると言っていた。
笑顔がない奴で、ノりも悪く、変わった奴だったな。。。。

そして、疲れきってるので、サッサとチェックインしようと、
予約済みのoasisバックパッカーホステルに入った。
ここでも最悪な事が起きてしまった・・・。
oasisでの出来事は次の日記で・・・。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。