マレーシア貧乏旅行記
金もなく英語も出来ない冴えない男が旅をする物語です。(ノンフィクションのドキュメントです^^;)
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカ人のオジサンとつるんだ1日
トラベルハブ同室のイギリス人
朝10時に、昨日のマイミクの彼が部屋に入ってきて叩き起こされた。
チキンライスを食べに行こう!と誘ってきたが、
朝食は宿のトーストで一食分浮かせてる貧乏人の僕は金がないと断った。(起きぬけにチキンライスを食べたくないしな)
昨晩の話の流れ(貧乏話)を読んでいたのか、彼は1人でチキンライスを食べに行ったな。
僕は二度寝した。
彼は11時近くに戻ってきて来たが、すぐに荷物を持って空港へ出発して行った。
僕は1人でゆっくりと朝食を取った。
そのキッチンにて、同室のオランダ人の女性と30分ほど会話する。
シャワーを浴びて12時過ぎからネットする。
ネットをしながら、昨日の深夜にチェックインしてきたイギリス人(世界を2年も放浪してるらしい)と、
アメリカのデンバー出身の50代の男性と話す。
13時近く、イギリス人は2年間の旅のピリオドを打ち、イギリスに帰国の為に旅立った。

そしてデンバー出身の彼(名前はニック)と一緒に出かける。
その模様は↓コチラ
イギリス人は写真よりもイケメンで日本人の女が好みそうなタイプだった。
身長178cmの僕が小さく見えるデカさだな。きっとアソコもスンゴイのだろう。

16時くらいまでネットして、同室のアメリカデンバー出身の彼(ニック)と出掛けた。
両替商のレートなどを数店ハシゴし、ニックは両替した。(これは僕自身も勉強が出来てよかったな)
チャイナタウン内のスーパーやショッピングセンターもブラブラして、ニックが探してるという変圧器探しもした。
18時過ぎにスーパーUOの一番上の階のフードコートでRm4で飯を食べた。
スーパーUOのフードコート スーパーUOのフードコート飯 スーパーUOコーラ

食べ終わって、喉が渇いたので、下のスーパーでコーラ(Rm1.20)を買ってガブ飲みした。
帰り道、ニックはスーパーUOの隣のマクドナルドで安いソフトクリームを買って食べながら一緒にホテルに戻った。


23:45 今日は早めに寝た。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。