マレーシア貧乏旅行記
金もなく英語も出来ない冴えない男が旅をする物語です。(ノンフィクションのドキュメントです^^;)
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外旅行の為に2個めの目覚まし時計を買って来ました。
目覚まし時計を買った
目覚めの悪い僕は、目覚ましが2個ないと危ないから、念の為1つ買ってきた。
二度寝して飛行機に間に合わなかった・・・なんてことになったら洒落にならないからな。
でも、貧乏な僕は目覚まし時計1つ買うにも神経と労力を費やしたよ。
いつものようにすんなり買い物できないもんだな。
こんな事もあるんだな・・・↓
僕は目覚まし時計を買おうと、ホームセンターやらデパートの時計売り場やら、
ドンキホーテなどのディスカウント店からリサイクルショップまで色々と探しました。
ヤフオクでも目覚まし時計をウォッチリスト入れて相場を調べてたけど、振り込み手数料&送料を考えると1000円前後で買えそうな物は逆にヤフオクじゃ高くつきそうだからやめた。
目覚まし時計の種類が一番多かったのはドンキホーテだったので、ココを基準に価格調査に入ったよ。
やっぱりホームセンターが一番安そうだ。
ほとんどのトラベル目覚まし時計(メーカー問わず)は¥980~が多いな。
そして、あるホームセンターでは598円というのを見つけたが、
こーゆう時に限って、展示品しかないんだよな。
ここは電気屋と違って値引きしてくれなさそうだな。
入荷予定日を聞いたら『明後日に入荷予定です』と言われたので『じゃぁ、明後日に来ます』と言って店を去った。
入荷予定がある展示品は、店側も無理して値引きする必要もないからな。(売っちゃったら、また新しい商品を展示品として開けなきゃならないし)
そして、今日、入荷日だったから、自転車で行ってきたよ。
ちなみに、ここのホームセンター隣市だ。
平日の昼過ぎだからか、店員が見当たらなかったが、
近くでホコリはたきしてるギャルの名残があるバイトの主婦がいたから聞いてみた。
こいつは無愛想で困ったやつだ。
見るからにニート風な僕を見下しているのだろう。
そしたら・・・・・まだ入ってないじゃないか!!!!
商品が今日届くと言われたから、わざわざ来たという旨を言ったが、
メーカーがどうたらこうたら言いだして、製造してない商品になった・・・みたいな事を言い出し入荷してないと言う。
ないものはないのだから、買いようがないが、
廃盤商品で、入荷予定がなく発注したらあるかもしれない・・みたいなレベルなら、展示品でも安くなるかもしれないと思った。
定価が598円の商品だから、400円代になれば買おうと思った。
これは、東南アジアに行く前の価格交渉の予行練習なのか?それとも神様が与えた試練なのか?僕は大きく半額から交渉し始めたが、
展示品でも値引きは出来ないの一点張りだ。
やはりホームセンターは家電量販店とは違うのか。
それでも、せっかく自転車で隣町から来た事を言い、傷があるやら汚れがあるやら(実物はかなり綺麗)荒を探しては100円くらい安くさせようと思った。

5分くらいか・・・あーだこーだと言っていたのは。。。

そしたら100円引きの498円になった。
内心はそれで買っても良かったけど、『中古で100円しか安くならないの?』とゴネてみた。
そしたらギャル崩れの主婦は近くを通った男の社員を呼び止め、僕に背を向けて何やらヒソヒソと話している。
実に気分が悪い瞬間だ。
話を終えて主婦が来てこう言った。『もぅ、本当に安く出来ないのですが、あと50円だけ・・・450円で・・・』と。
そのやり取りを男の社員は10メーターくらい離れた所で状況を見守っている。
あの男に交渉したほうが話が早そうだと思った僕は、
その男を呼んでもらうことにした。
男は毅然とした態度で、クレームになれてる感じの20代後半の若造だ。
それでも社歴は大卒で6年以上はやってるという感じだったな。
その男社員が来て、僕が交渉し始めると、即答で『これ以上は無理です!』と強い口調で言われた。
しかし、奴の口から出た言葉が信じられない台詞で、
『あくまで入荷予定であって、確実に欲しかったら“注文”していただかないと入荷されない商品です』と言われた?
おいおい・・・・そんなことは一言も聞いてなかったぞ?
すかさずツッコミを入れたら、バツ悪そうな顔をしていた。
そりゃそうだ。僕は『また明後日来ます』と言ったら『宜しくお願いします』だけだったからな。注文どうこうだったら、そこで『注文しますか?』とか注文しないと入荷されない商品と説明するべきだろう。
そして奴は一昨日対応した店員の説明不足を認めた。
面倒くさくなってきたので、450円で買って帰ろうと思ったが、
一言『400円』なら買って帰るよ。と言ったら、
奴は即答で『わかりました』とキレた言い方で言いレジの方へスタスタと歩いて行った。
もぅこれ以上はゴネられないと思い、400円で買った。

それにしても、この男の店員・・・どこかで見たことあるな・・・・
帰り道、自転車に乗りながら考えていたら・・・・
あっ!思い出したぞ!!
夏前に、自転車を買った時にサドルがクネクネと曲がってしまうとクレームした奴じゃないか!!!
あの時は、かなりの押し問答があったが、新しい自転車に変えてもらって解決したんだったな・・・。
そんな事は、すっかり忘れていたよ。
もしかしたら、アイツは僕の事を覚えていたかもしれないな。
関連記事

テーマ:マレーシア - ジャンル:旅行

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。